検索サジェスト

検索サジェストを導入しているサイトは徐々に増えてきていますが、まだ未導入のサイトも多いですね。

キーワードログを見たことがある人はご存知だと思いますが、ユーザーはキーワードの打ち間違いや変換ミスをしょっちゅう起こしています。さらにセッションログを見ると、何度もキーワードを入れ直していることも分かります。

キーワードサジェストを導入することで、適切なキーワードを思いつきやすく、入力しやすくなります(人はだれしも入力するのは面倒でも、読んで判断するほうが得意ですよね)。

カテゴリで商品を探すユーザーよりも、キーワードで検索するユーザーのほうが購入率が高いというデータもありますが、肝心のキーワード入力でつまづいてしまっては元も子もありません。

ユニバーサルナレッジのキーワードサジェスト「S3」は細部にもこだわっています。

  • ・読み情報を持っているので、1タイピングごとにサジェストを表示可能
  • ・オリジナル表記でサジェストを表示(例:ipad → iPad、regza → REGZA)
  • ・ゆらぎ
  • ・同義語を吸収(例:ミスチル → Mr.Children)
  • ・マルチカテゴリ対応(例:「コミック」カテゴリと「小説」カテゴリでサジェストを出し分けられる)

などなど

キーワードサジェストの導入に関心のあるECサイト運営者の方は私たちにご相談くださいませ。