対談TALK

03

安武弘晃(元 楽天株式会社)

Part3 Amazonと闘う

2016年11月04日

元 楽天株式会社 取締役 常務執行役員
カーディナル合同会社 代表社員

安武弘晃

HIROAKI YASUTAKE

1 / 3

最大の競合はアマゾン、脅威はロジスティクスの完成度。
若年層の取り込みも課題。

井上(ユニバーサルナレッジ)
井上

ちょっと競合の話に移りたいのですが。いま、会社としては、アマゾンと対決するんだ、というのは意識してますか?

安武様
安武

もちろん、間違いなく。社外でも出ている話なので、いいと思うのですが、一時期“ビート・アマゾン”というTシャツをみんな着させられてました。

井上(ユニバーサルナレッジ)
井上

アマゾンの何が脅威なんでしょうか。

安武様
安武

単純に見れば、お客様がどこでものを買うか、楽天かアマゾンかの取り合いになるから、ですね。ビジネスモデルが違うとは言っても。
01

井上(ユニバーサルナレッジ)
井上

その考え方で言うと、アマゾン以外でどこかターゲットにしている会社は?

安武様
安武

個人的には、ヨドバシを見てました。

井上(ユニバーサルナレッジ)
井上

それは意外ですね。なぜですか?

安武様
安武

ZOZOTOWNもそうですが、特定ドメインに強くて、お客様を囲い込んでいいサービスを提供しています。それぞれの領域に強い企業ですね。

井上(ユニバーサルナレッジ)
井上

アマゾン以外は眼中にないと思っていました。

安武様
安武

楽天のEコマースの部隊はジャンル単位で競合を見ています。だからファッションならZOZO、となるわけです。

井上(ユニバーサルナレッジ)
井上

ほかに何か、最近の取り組みで特筆できるところはありますか?

安武様
安武

若年層向けに、「楽天学割」というサービスがあります。アマゾンは学生さん向けのディスカウントがすごいので、同じ分野で若い人向けのサービスを提供して、早くからファンになってもらおうという取り組みですね。あと楽天は、配送回りがまだ弱いですね。

井上(ユニバーサルナレッジ)
井上

お客様からすると、配送ってプライオリティ高いですかね?

安武様
安武

極めて高いです。一時期、楽天物流でがんばってやったんですが、アマゾンほどのクオリティには達していなくて。最近は「楽びん」などのトライアルもやっていますので、継続して力は入れています。

井上(ユニバーサルナレッジ)
井上

もともとマーチャントビジネスでテナント貸しなので、難しいような気がしますが。

安武様
安武

ロングテールのものは時間かかっても、そうじゃないものは早く持ってくる、そうした仕組みは早く作らないといけないと思います。

井上(ユニバーサルナレッジ)
井上

そこは課題であり続けている?

安武様
安武

大きな課題ですね。たとえば将来は、Uber的なものとの連携もあるのだと思います。

Lyftにも投資してますし。楽天はLyftの株の20%ぐらいを持ってます。LyftはUberにつぐシェアを持つ競合です。02

1 2 3

ユニバーサルナレッジは、EC サイト向けに購買行動に連動した ASP 型サイト内商品検索エンジン、キーワードサジェストエンジン(クエリーサジェストエンジン)を提供しています。