まず、検索エンジンを変えること。
それが売上アップへの近道です。

商品検索エンジン P1

レベニュー・オプティマイゼーション(収益の最適化)をめざして

お客様に欲しい商品を提示=売上アップ

検索をするというお客様の行動は、商品を探していることを意味します。そのお客様に欲しい商品を検索結果で提示することは、売上のアップに直結する・・・そう容易に理解していただけるのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、ユニバーサルナレッジの「UK Rank」アルゴリズムは、お客様が商品を見つけやすいように検索結果を最適化します。それはつまりECサイトの繁栄に直結するのです。どのような検索結果を提供すればお客様のインサイトと相関性が高くなり、かつ売上が上がるのかを徹底的に追求したのが、ユニバーサルナレッジ・オリジナルの「UK Rank」アルゴリズムです。

ECサイトの特質に応じてチューニング

ECサイトによって商品数、商品の価格帯、購買頻度などは変わってきます。ユニバーサルナレッジでは、基本アルゴリズムを元にECサイトの特質に応じて必ずチューニングを行います。どのECサイトでも、あらゆるパラメータが共通ということはありません。チューニングを行った結果を、バケットテストを通じて確認しながら改善を行っていきます。

バケットテストで、サイトごとにカスタマイズ

「必ずバケットテストを行う」というのも、ユニバーサルナレッジのポリシーです。クエリーと商品の相関性は事前に判定できますが、売上やコンバージョンなどの指標は、実際に新しい検索結果を提示した後に初めて見えて来ます。またお客様の行動はECサイト毎に違うため、あるECサイトで得られた行動が他のサイトでも再現される保証はありません。そのためアルゴリズムの改善やチューニングの際には必ずバケットテストを行うことにしています。

ユニバーサルナレッジは、EC サイト向けに購買行動に連動した ASP 型サイト内商品検索エンジン、キーワードサジェストエンジン(クエリーサジェストエンジン)を提供しています。