まず、検索エンジンを変えること。
それが売上アップへの近道です。

運用・ログ解析・改善

システムの導入は、ゴールではなくスタート。
改善サイクルを回すことで、売上アップにこだわり続けます。

アートとテクノロジーを融合させ、検索結果の質を高める

ユニバーサルナレッジ独自の「UK Rank」アルゴリズムは高度なテクノロジーですが、テクノロジーだけで高品質な検索を提供できるわけではありません。「現状を分析し、問題点を把握し、改善策を実装して、お客様の反応を記録する」というサイクルを常に回すことよって、成果を出し続ける検索を提供することが可能となります。

このような改善サイクルは人手による運用(いわばアート)が必要ですが、ユニバーサルナレッジでは「アートとテクノロジーの融合」によって、初めて質の高い検索結果の提供が可能だと考えています。

基本的な5つの改善サイクル

  • 1. ログ解析

    ユニバーサルナレッジの提供する「ログレポートツール」によって、現状のお客様の行動を可視化します。

  • 2. 課題の把握

    あるはずの商品がマッチしない、適切な商品が上位に表示されない、などなんらかの問題がある場合には、できるだけ多くの事例を検証することによって課題を把握します。

  • 3. 解決策の実装

    マッチングアルゴリズムあるいはランキングアルゴリズムの改良、さらには商品データの登録方法の変更など、考えられる限りの解決策を実装します。

  • 4. 相関性評価

    評価者(エディター)によって、検索品質の評価を行います。DCGスコアを用いることにより検索結果の品質を客観的に数字で表します。

  • 5. バケットテスト

    少人数のお客様に対し、改善された検索結果を実際に表示して、クリックや売上などの数値を確認します。

このような人手による改善サイクルは面倒なものではありますが、より高品質な検索の提供のためには欠かせない作業です。しかしながらECサイトの運営者は必ずしも検索の専門家ではなく、改善サイクルの構築に不慣れです。

そのため上記のような改善サイクルは、基本的にユニバーサルナレッジが主導して行います。テクノロジーだけでなく、人手による運用も同時に提供するところがユニバーサルナレッジの特長であり強みです。

定常的に発生する運用業務

ゼロマッチクエリー対策

ログレポートツールからゼロマッチクエリー(商品がマッチしなかったキーワード)を抽出して原因を分析します。マッチングアルゴリズムが悪いのか、商品登録の方法が悪いのか、あるいはそもそも取扱い商品がないのかを分類し、その後のアクションにつなげます。

同義語辞書登録

主にゼロマッチクエリー対策の一環として同義語辞書を拡充していきます。同義語には片方向の同義語(A→B)と、両方向の同義語(A⇄B)がありますが、ユニバーサルナレッジではどちらの同義語でも登録できるようになっています。

形態素解析辞書登録

新しい商品名やブランド名などを既存の形態素解析で区切ると、区切り位置を間違ってしまうことがあります。そのような時には正しい区切り位置で切れるように、形態素解析辞書に登録します。

ユニバーサルナレッジは、EC サイト向けに購買行動に連動した ASP 型サイト内商品検索エンジン、キーワードサジェストエンジン(クエリーサジェストエンジン)を提供しています。