こんにちは。ユニバーサルナレッジの前川です。

「お探しの商品は見つかりませんでした」というゼロマッチ ―― お客様を検索半ばで路頭に迷わせるネガティブな検索体験です。そのゼロマッチを解消する「フォールオフ」を紹介します。

フォールオフは、ゼロマッチページを表示する前にマッチングロジックや検索条件を自動的に変更して再検索を試みる手法です。

サーチエンジン側で自動的にあの手この手で検索条件を変更するので、お客様の手をわずらわせることなくゼロマッチを解消・回避することができます。

以前紹介したとおり、ゼロマッチにはさまざまな原因がありますが、対応するフォールオフも複数存在します。

順に説明しましょう。

1. カテゴリ指定を解除して検索
特定のカテゴリを指定した状態ではマッチする商品が見つからなくても、別のカテゴリを対象に再検索することで商品が見つかることがあります。指定カテゴリより上位のカテゴリを順に検索し直すフォールオフです。

2. スペラーの訂正クエリーで検索
「もしかして ●● ですか」と、訂正クエリーを提示する機能をスペラーと呼びます。ゼロマッチクエリーがスペラー辞書に引き当たった場合は、訂正クエリーで自動的に再検索するフォールオフです。

3. 検索対象データを拡張して検索
デフォルトでは検索対象にしていない商品データにまで広げて再検索するフォールオフです。
たとえば、「商品説明文」をデフォルトで検索対象としない方針の場合に有効です。ゼロマッチが起きた時だけ「商品説明文」を自動的に検索対象にします。

4. 検索方式を変更して検索
形態素解析で作ったインデックスと、nグラムで作ったインデックスではマッチする文字列が異なります。基本的には、クエリーとの相関性が高いのは形態素解析によるインデックスですので、同じ商品データに対して形態素解析とnグラム両方でインデクシングを行っておき、デフォルトでは形態素解析のインデックスフィールドを選択し、それではマッチしないときにnグラムのフィールドを検索するフォールオフです。

5. クエリーの一部を削除して検索
「A B C」のような文字間にスペースが入っている複合語クエリーの場合、Cを削除して「A B」で検索したり、Aを削除して「B C」で検索し直すフォールオフです。

たとえば、オリジナルクエリーが「A B」のように2単語の場合は、クエリー「A」だけの検索結果と、クエリー「B」だけの検索結果を個別に表示します。なお、複数の検索結果を表示するのでファセットUIは不要になることに注意しましょう。

オリジナルクエリーが「A B C」のように3単語の場合は、最大で6通りのクエリー候補があります(A B、B C、A C、A、B、C)。4単語以上になると組み合わせパターンが多くなってきますが、計算処理数が多くなり検索結果を返却するパフォーマンスにも影響が出てくる可能性がありますので、組み合わせパターンに制限をつけてもいいと思います※1 ※2。

いかがでしょうか。

フォールオフはサーチエンジン側の努力でゼロマッチページを極力出さないようにできるのです。

フォールオフは「転ばぬ先の杖」のようなもの。どんな杖をお客様にご用意差し上げられるのか、ぜひ検討してみてください。

つづく

– – –
※1:クエリー部分削除フォールオフはクエリーのリライト・置き換えといえる方法なので、本来の検索意図とずれる可能性はあります。しかしながら、次のアクションへの動線を提示できるので、単にゼロマッチ画面を表示するよりもネガティブな印象は薄まります。

また、できることなら本来の検索意図に近い組み合わせのクエリーを生成したいものです。どの組み合わせが良いかはゼロマッチクエリーを分析すると見えてきます。3単語で構成されるクエリーであれば、どの単語が主題を表すものかを分析します。

私たちの経験では、2単語で構成されるクエリーはどちらともいえませんでした。しかし、3単語以上のクエリーでは、1単語目と2単語目が主題を表すことが多く、つまり、お客様はクエリー作成時に主題となる単語をはじめに入力する傾向があるということが分かっています。3単語以上のクエリーでは組み合わせパターンが多くなり、すべての組み合わせの結果を出しにくいものです。したがって、単純にランダムに組み合わせるのではなく、1単語目と2単語目を起点にしたクエリーにしましょう(元のクエリーが「A B C D」であれば、A+X、B+X)。

※2:スペースで分けられた単語を削除する方式ではなく、形態素解析での区切り(トークン)単位で削除を行う方法もあります。この方式であれば1単語だけのクエリーでも部分削除フォールオフを行うことができます。ただし、単語の区切り方は形態素解析辞書に依存するため、意味不明なクエリーに置き換えられてしまう可能性が高くなります。あまりおすすめはしない方式ですが、紹介しておきます。
– – –
ユニバーサルナレッジは、ECサイト専用 商品検索エンジンの提供のほか、検索UIのコンサルティングも行っています。こちらのFacebookページで最新情報をお届けしているので、フォローいただけると幸いです。
http://www.facebook.com/universal.knowledge.inc

代表の井上俊一です。

2013年11月26日より、ユニバーサルナレッジ株式会社(ユニナレ)は株式会社千趣会の運営するベルメゾンネットに商品検索エンジン「P1プロ」の提供を開始しました。

以前から提供している「S3プロ」(クエリーサジェストおよび商品サジェスト)と合わせて、ベルメゾンネットの検索エンジン、サジェストエンジンはユニバーサルナレッジの提供するサービスに統一されました。

ユニナレの商品検索エンジン「P1プロ」は、購買行動に連動したリアルタイム商品検索エンジンであることが特徴です。

従来の商品検索エンジンは、主にテキストマッチのマッチングスコアを重視していました。そのため、検索結果の表示順序(ランキング)が変わるのは、商品データベースが増減した時や、タイトルや説明文の文言が変更された時だけでした。またランキングを変えたい場合に、商品タイトルや説明文にキーワードを追加するなどして意味のない編集作業が発生していました。

「P1プロ」では、お客様の購買データを重視しているため、商品データベースに変更がなくても、お客様の購買行動が変わるだけで検索結果のランキングが変化します。季節性や売れ筋のトレンドが常に自動的に反映されたランキングになることが大きな特徴です。

また、自動的に検索結果のランキングが変わることによってお客様にとって商品が探しやすくなるとと共に、ベルメゾンネットの売上向上にも大きく貢献することが出来ます。

クエリーサジェストエンジン「S3プロ」もお客様の購買データをフルに活用しています。「P1プロ」とセットで使うことによって、ユーザービリティ向上と売上向上に大きく貢献します。

ユニナレでは最先端の商品検索エンジン「P1プロ」を提供するだけでなく、サービスが始まってからの運用、改善も行います。我々は15年におよぶ検索エンジンの開発、運用経験がありますが、「真のサービスは運用、改善にあり」と考えています。

同義語辞書や形態素解析辞書の登録、ゼロマッチの対応などと共に、バケットテストによるアルゴリズムの最適化も随時行っていきます。このような運用業務は非常に重要ですが、経験のある会社が適切なコンサルティングを行うことは出来ていませんでした。

最先端のテクノロジーと、泥臭い運用業務をきっちりと行う能力のコンビネーションがユニナレを非常にユニークな会社にしています。

– – –

ユニバーサルナレッジは、ECサイト専用 商品検索エンジンの提供のほか、検索UIのコンサルティングも行っています。下記のFacebookページをフォローしていただくとユニバーサルナレッジの最新情報をお届けします。
http://www.facebook.com/universal.knowledge.inc

こんにちは。ユニバーサルナレッジの前川です。

パールグローイング」という情報探索手法をご存知でしょうか(※1)。

”検索スキルの高いユーザーは、インターフェースとは無関係に、パールグローイングと呼ばれる特殊な戦略を用いて拡張を行う。良さそうなドキュメントを一つ選んで、そのコンテンツとメタデータの中からクエリー向きの語句や手がかりを探しだす手法だ。”
『検索と発見のためのデザイン』

聞きなれない言葉ですが、検索が得意な人なら無意識にやっている行為です。検索結果やドキュメントのテキストから重要語句をコピーして、クエリーに追加したり、入れ替えたりしていることと思います。

検索スキルの高い人しか使いこなせないなんてもったいないです。この概念を発展させ、具現化したらどうでしょうか。

初めから重要語句を検索結果へのリンクにしておく方法です。

たとえば書籍を検索した時に、本のタイトルだけでなく、著者名もリンクにしておくことで、ワンクリックでその著者名をクエリーにした検索結果に遷移することができます。ECサイト運営者側にとってはクロスセルを促すことにもつながります。

パールグローイング

情報量の多い商品詳細ページでは、より多くのパールグローイング用リンクを提案できます。プレーンテキストで書かれていることの多い説明文や著者情報などは特にその候補でしょう(※2)。下図のような商品説明の場合、特徴語がリンクになっている右側のほうが使いやすいですよね。

パールグローイング

自分自身でパールグローイングできるユーザーであればいいですが、何のクエリーで検索すればいいか分からない方もたくさんいます。

「検索からドキュメント」というメインストリートだけでなく、「ドキュメントから検索」という裏道の整備も行うことで、検索インターフェースはより使いやすくなります。リンクにできるメタデータは何があるのか、説明文中の特徴語は何かといった視点でぜひ一考してみてください(※3)。

パールグローイングをみんなの手に!

注釈:
※1:「パールグローイング」は図書館情報学用語で、英語では「Pearl Growing」と書きます。直訳すれば「真珠の成長」という意味ですが、貝の中で真珠が大きくなっていくことを、ドキュメントから特徴語を見つけ出し発展検索していくメタファーとして用いられています。

※2:有名な事例ははてなダイアリーでしょう。はてなダイアリーでは書き手が何もしなくても、はてなキーワードに登録されている語句が自動リンクされ、文章に埋め込まれます。クリックするとはてなキーワードページに遷移し、その語句の解説を読めるほか、その語句を使用しているブログが一覧表示されます。APIも出ていますね。これも一種のパールグローイングといえます。

※3:闇雲になんでもかんでもリンクにすればいいものではありません。ヒントは検索セッションログにあるはずです。ログのなかから、コアユーザーしか扱えていない専門用語や、誰もが知っている有名人名などがないか目を凝らして探してみてください。

– – –

ユニバーサルナレッジは、ECサイト専用 商品検索エンジンの提供のほか、検索UIのコンサルティングも行っています。下記のFacebookページをフォローしていただくとユニバーサルナレッジの最新情報をお届けします。
http://www.facebook.com/universal.knowledge.inc

こんにちは。ユニバーサルナレッジの前川です。

これまでいくつかの検索サジェストの発展機能について書いてきました。まとめて紹介したいと思います。

1. クエリーサジェスト
ベーシックなサジェストです。お客様が入力したキーに応じてクエリー候補を提案します。クエリー候補はよく検索されたり、商品データによく登場するキーワードから生成します。

2. 商品サジェスト
検索結果上位の商品をクエリーサジェストと一緒に表示します。検索する前に商品を確認できるだけでなく、直接商品ページに遷移することができます。

3. カテゴリサジェスト
クエリーではなく、カテゴリページをサジェストします。家電売場や、日用品売り場のような各カテゴリページにいって人気商品や新着商品を見たいというニーズにお応えします。

4. カテゴリマークサジェスト
対象カテゴリを絞り込んで検索できるサジェストです。「ワンピース」や「Apple」といった、商品が特定しにくいあいまいな意図のクエリーの場合、検索結果をカテゴリファセットで絞り込んでいきますが、サジェスト段階でカテゴリを特定して検索することができます。

クエリーを入力するための検索窓にサジェストを入れることで、小さな検索結果にもなり、強力なナビゲーションにもなります。ここで挙げたもの以外にも、ECサイトの特徴に併せたサジェスト新機能もご提供できますので、ぜひ私たちにご相談ください

「いいね」してくださった方に、ユニバーサルナレッジの最新情報をお届けしています。
http://www.facebook.com/universal.knowledge.inc

こんにちは。ユニバーサルナレッジの前川です。

これまで3回続けて、検索ファセットナビゲーションについて書いてきました。

 1. ファセットナビゲーション
 2. ファセットナビゲーションが有効なクエリータイプ
 3. 検索クオリティとファセットの関係

今回はカテゴリファセット機能をクエリーサジェストに取り入れるUIをご紹介します。

もう説明不要かもしれませんが、クエリーサジェストは検索窓に文字を入力するたびにクエリー候補を表示する機能です。通常は、クエリー候補を選択するとすべての商品を対象にした検索結果に遷移します。

しかし、検索意図があいまいな、カテゴリで絞り込む可能性が高いクエリーの場合もそれでいいのでしょうか。すべての商品を対象にした検索結果に遷移させるよりも、初めからカテゴリを指定した状態で検索できたほうが探しやすくなりますよね。

下図のようなUIになります。

上位3件は同じ「クエリーA」ですが、2番目と3番目の右横にはカテゴリ名が一緒に表示されています。

同じクエリーでも遷移先が異なります。
1番目に表示されている「クエリーA」は「すべての商品を対象にした検索結果」に、
2番目に表示されている「クエリーA」は「カテゴリX内の商品を対象にした検索結果」に、
3番目に表示されている「クエリーA」は「カテゴリY内の商品を対象にした検索結果」に遷移します。

ユーザーは「(すべての商品を対象にした)検索結果が表示されるのを待つ」のと「カテゴリファセットをクリックする」というふた手間を省くことができます。私たちはカテゴリマークサジェストやカテゴリファセットサジェストと呼んでいます。

クエリーによっては多数のカテゴリファセットが返却されます。サジェストエリアは限られており、すべてのファセットを表示できるわけではありません。前回ご紹介したように、よくファセットがクリックされるクエリーを見つけ、どのファセットがよく利用されているかを分析することから始めてみましょう。

「いいね」をしていただいた方に、ユニバーサルナレッジの最新情報をお届けしています。
http://www.facebook.com/universal.knowledge.inc

こんにちは。ユニバーサルナレッジの前川です。

前回は、あいまいな意図のクエリータイプは、ファセットのCTRが高い現象をご紹介しました。

ほかにも興味深い傾向が分かっています。

検索クオリティが上がると、検索結果の商品タイトルリンクのCTRが上昇し、ファセットのCTRは下降する傾向があるのです。

逆に検索品質が下がると、ファセットCTRが上がります。検索クオリティが低いと検索結果上位に求める商品が見つからず、ファセットで検索結果を絞り込む必要性が高くなるためでしょう。

以前、検索クオリティが上がったかどうかはResult CTRや商品詳細ページ到達率で計測できると書きました。求めていた商品が上位表示されることによって絞り込みが不要になる、つまりファセットで押されていたクリックが、商品名リンクを押すことに転換されるということです。

ファセットというのは便利な機能ですが、CTRが高すぎる場合は要注意。検索品質が良くない可能性があるわけですので、ファセットCTRの高いクエリーは、あいまいな意図のクエリーを把握するためだけではなく、検索結果の品質管理としてもチェックすると良い指標といえます。

(つづく)

ユニバーサルナレッジのFacebookページで「いいね」していただいた方に最新情報をお届けしています。
http://www.facebook.com/universal.knowledge.inc

こんにちは。ユニバーサルナレッジの前川です。

前回、多義的なクエリー例として「ワンピース」を取り上げましたが、あいまいな意図のクエリー、つまりファセットが有効なクエリーは、ほかに何があるでしょうか。

私たちの経験では、下記3タイプが意図のつかみにくいクエリータイプです。

検索意図がつかみにくいクエリータイプ
 1. メーカーブランド名(出版社・レーベルなども) … パナソニック、Apple、講談社、Zucca
 2. カテゴリ名 … パソコン、カメラ、小説、Jazz、トップス、スカート
 3. タイトル名 … ワンピース、ガンダム、プリキュア、カーズ2

実際のところ、上記タイプはほかのクエリータイプに比較して、ファセットリンクのCTRが高い傾向が出ています。

ファセットがよくクリックされるクエリーは、検索意図が分散するクエリーといえるでしょう。クエリーログをファセットCTR順で並べてみると傾向が見えてくると思いますので、ぜひお試しください※。

ただし、ファセットリンクが押されすぎの傾向が出たら要注意。なぜでしょうか。次回の記事でお話します。

※クエリーによってファセットリンクのインプレッション数は異なるため、クリック数ではなくCTR(Click through rate)を使いましょう。

(つづく)

ユニバーサルナレッジのFacebookページで「いいね」していただいた方に最新情報をお届けしています。
http://www.facebook.com/universal.knowledge.inc

ユニバーサルナレッジは、EC サイト向けに購買行動に連動した ASP 型サイト内商品検索エンジン、キーワードサジェストエンジン(クエリーサジェストエンジン)を提供しています。