ユニバーサルナレッジの前川です。

前回、ゼロマッチ解消テクニックである「フォールオフ」について紹介しました。ゼロマッチ時に検索条件を自動的に変更してマッチングを試みる手法です。

実際には、ゼロマッチは複合的な条件で起きる場合もあります。ひとつのフォールオフだけではなく、複数のフォールオフを組み合わせ、条件を変えて再検索を行うことでゼロマッチ解消の可能性が高まります

連続フォールオフと私たちは呼んでいます。

たとえば誤字クエリーで検索してゼロマッチになった場合、下図のように5回ものリトライ検索を行うことも可能です。

ゼロマッチページを表示する前に何ができるか。リトライ検索できるマッチングロジックは何かを考えてみてください。

– – –
ユニバーサルナレッジは、ECサイト専用 商品検索エンジンの提供のほか、検索UIのコンサルティングも行っています。こちらのFacebookページで最新情報をお届けしているので、フォローいただけると幸いです。
http://www.facebook.com/universal.knowledge.inc

ユニバーサルナレッジは、EC サイト向けに購買行動に連動した ASP 型サイト内商品検索エンジン、キーワードサジェストエンジン(クエリーサジェストエンジン)を提供しています。